町民が独断で紹介するさつま町

さつま町ってどこ?

さつま町は鹿児島県の北西部にあり、平成17年3月に、旧宮之城町、旧鶴田町、旧薩摩町が合併して誕生しました。鹿児島県の町村では最大の人口、22,400人(平成25年データ)が暮らしています。「きららの楽校」「がある白男川地区は、町の西部(旧宮之城町)にあり、町中心部からは車で10分程度の地域です。

さつま町には「かぐや姫」が住んでいる?

さつま町は竹のまち。竹細工の達人が町中にいるし、春になればタケノコ掘りでみんな忙しい。でも、竹と言えばやっぱり「かぐや姫」の伝説。光り輝く竹の中から生まれ出でた「かぐや姫」のお話は、皆さんご存知ですよね?
町には「かぐや姫」の名がついたものがたくさんあります。グラウンド、公園、薬局、かき氷屋さんまで! 町の観光大使も、もちろん「かぐや姫」です。さつま町にきたら、ぜひ「かぐや姫」を探してみてください。

さつま町ってどこ?
さつま町は温泉天国

さつま町は温泉天国

さつま町には25の温泉施設があります。毎日町内を湯巡りしても、1か月近くかかってしまう計算。泉質もさまざまなので、自分にあった温泉を探すのもきっと楽しい。「かぐや姫」は美肌温泉できれいになったのかも!?

合宿の楽しみ方
町民が独断で紹介するさつま町
きららの楽校

鹿児島県薩摩郡さつま町白男川1501-1
(旧白男川小学校) 

「きららの楽校」は、平成28年3月廃校になったさつま町の白男川小学校を みんなの笑顔があふれる楽しい施設にするために作られました。
さつま町の里山を流れる近くのきらら川から名付けられた楽校では、遊ぶ、学ぶ、泊まる、食べるの楽校体験があります。

TEL.0996-53-4760

(受付時間:9:00~21:00)

©2019 きららの楽校